ぼっち駐妻のアメリカ奮闘記

専業主婦不適合な駐妻が、心身健康かつ日本での再就職を目指す記録

アメリカ人におつかいを頼まれる

先日、通ってるジムのチャイルドケアに娘を連れて行ったら、ちょうどオーナーの奥さんと娘(2歳)も来ていました。

「同じ2歳だね!」とシッターさんが2人を遊ばせようとしていました。

 

クラスが終わって、娘を迎えにいくと、

2人でソファに座りながら、テレビを見て、娘のしまじろうのクッキーを食べていました。

(おやつが大好きな娘が、分けてあげられることに感動!)

オーナーの奥さんが

「このクッキー、娘がすごく気に入ったの!写真撮らせてもらったよ。なんていうトラ?」

と聞いてきたので、

「しまじろうと言って、日本ではDaniel Tigerみたいな教育のキャラクターだよ。娘が一番好きなキャラクターだよ。」と適当に(私の英語力では精一杯の)説明をしました。

 

後日、

「娘がトラのクッキーを気に入ったんだけれど、どこで買える?」

とメールが来て、

「日本で買ったよ」と言えば、その話題は終了するところだったけれど、

それは偶然にも小さな日本食料品店で購入したものだったので、その店を教えてあげました。

ついでに韓国系スーパーでも見たことがあったので、その店の情報も教えてあげました。

 

それでやめとけばいいのに、お節介な性というか、久々に人に質問された嬉しさというか…。

「近々行く予定があるから、あったら買ってこようか?」との予定もないのに申し出をしてしまいました。

 

アメリカに住んでる人ならご存知の通り、日本から持ってきてる食料品なんて、一期一会ですからね…。また会えるかわからないので、期待させちゃいけないと思いつつも、自らおつかいを頼まれることになりました。

 

ちょっと遠いので、そんなに行かないから、米やら冷凍品やら欲しいものをいっぱいメモして、お店に向かいました。

子供のおやつのコーナーはアンパンマンビスケットとコアラのマーチだけしかありませんでした。。。残念。

店員さんに聞いたら、「ある時はありますよねー。今はないみたい。」とのことでした。

 

せっかく楽しみにしてくれているだろうから…と韓国系スーパーも見に行ったけれど、アンパンマンしかありませんでした。

 

がっかりさせちゃうなぁ、と思いながら、

「残念だけど、しまじろうのクッキーはどちらのお店にもなかったよ。クッキーは日本から持ってきてるから、次に入荷するのはわからないみたい。」とメールを送りました。

 

「確認してくれてありがとう!」と返事が来ました。

次に会った時に、「わざわざ行ってくれてありがとう。遠いから私たちはあの街までは行かないのよー」と改めてお礼を言われました。

 

そして、その日もチャイルドケアで娘がおやつを分けてあげたようで、

「あの緑色のスナックも気に入ったみたい!どこで買ったの??」と。

トレジョのえんどう豆スナックですよ…。

 

これはいつでも手に入るので、自信満々におススメできました。

 

で、ここで、ハッとしました。

「あ、この前のって、「しまじろう」が気に入ったんじゃなくて、クッキーの味が気に入ったのか!」と。

 

オーナー夫妻、クラスの前に自分の体を鍛えて、コーチ中にプロテインをごくごく飲んでるようなマッチョ系なので、

きっと、子供用のおやつには疎いんですね。

 

今度会う時は、日本のおやつをおすそ分けしてあげようと思いました。